読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう少し

あともう少し頑張ったら
ここを辞められる

ハラスメントとか
モラハラのタゲとか
周囲の不正とかで
精神削られてる事から解放される

人生やり直せる

もう少しの辛抱

高卒の技術職は学歴の足切り
なかなか仕事見付からないけれど

モラハラから解放されて
元通りにバリバリ働ける
その希望を励みに
その内に転職先が見付かるまで
ファイトだ(。・A・´∩

年度も変わるし
そろそろジワリジワリと
退職を申し出る為の
準備期間に突入だな…

まだ転職先見付かってないけれど
予定通りの期日で
退職を申し出なきゃ

ここにいるだけで
貴重なエンジニア人生を
1日1日無駄にしている

あと20年前後も働ける
今辞めて残りの20年を
価値あるライフワークとして
仕事して頑張りたい(。・A・´∩

年満で退職になったら
個人で会社を起こして
同じ様に
年金暮しのエンジニアを探して
安い料金で小さな案件を受注して
年金の足し程度で
軽く小さな案件をしていく

ベンダーが受注しない様な
小さな金額の仕事
そういうニーズは沢山有ると思う

バリバリ仕事すると小さな金額では
適正な市場価格を崩すから
そういうのはやらない
派遣とか請負も適性な単価崩すから
やらない

老後の軽いライフワーク程度の
小さな小さな案件を持ち帰りで件別受注
数万~30万程度の
長くても月に10日以内くらいで
仲間と作れる
小さなシステムとか小さな納品

老後は半月だけ働く
そういうのコツコツ続けて
老後のボケ防止(。・A・´∩

そういう老後の楽しみを作る為に
ずっと情報技術産業の中にいないと
技術に取り残されていく

年金仲間と会社にして始めるのは
老人1人の会社だと
受注後にポックリ逝ったら
代わりに完遂して納品してくれる人が
いないとお客様に迷惑を掛けてしまう

正式な仕事だと
責任は果たしてから
幕引きしないといけない

だからかなり老いてきて
メンバーがある程度減ったら
受注ストップして完遂してから廃業

メンバーのお小遣い程度の小さな売上
その程度の小さな小さな事業
会社を存続させたり引き継ぐ事はしない
そうしてミニマムコスト
会社にお金も残さない売り切りゴメンな
単発単発の仕事受注
基本、メンバーは年金と貯蓄で
生活成り立つ人だけで
そうしたら数万円の案件でも
仕事に出来る

それなら事務も経理も経営も要らない
メンバーで雑務も分担
月に10日程度の
月をまたがないで終わる仕事とか
数人のメンバーで
せいぜい1件~数件

経理がいる程のお金の動きでも無いし
資本金も要らない

逆に長期とか大きなお金の動く案件は
年金暮しのメンバーだけでは
老い先いつ誰が
ポックリ逝くか解らないから
受注しない
すぐにでも会社廃業して
後始末の精算をゼロコストで出来る
そういう老人ワーク

でも会社化すると5人か10人いると
各種保険とか労基も必要になってくるし
急に最低限な売上の敷居が
高くなるのかな…
そうなると法人税も簡単じゃ
無くなりそう

そうすると国や保険会社への支払いで
赤字になる事も有るのかな

交通費とか固定給か時給にしないと
法律に引っかかるのかな?

そうならない為に
大きな案件に手を出すと
夢と掛け離れてしまうし…

とても小さな小さな
ローコストの会社とか
何とか実現出来るかな(´・_・`)

出来れば
小さな受注→みんなで集まって→
楽しくお茶しながらサクッと作る→
納品→代金から納税分引いて→
残り平等分配→
定期的なみんなでご飯行く

そういう老人クラブみたいな
会社作りたい
老後になってリスク有る会社経営とか
誰も喜ばないと思うし
老後クラブ程度の集まりで
楽しくボケ防止な仕事がしたい

でも
そういう老後の
小さな小さな会社作るの
楽しみに目指して
あと20年を
しっかりとコツコツ働きたい
今はまだバリバリ働いておくフェーズ

のんびりと仕事と半々なフェーズは
老後から

今から先の時代
小さな小さな仕事は
幾らでも有ると思う

生活さえ仕事の給料に依存してなければ
老後に生活費稼ぐ為とは異なる目的で
技術を提供していける

そういうの楽しいかなと思う
老後にそういう会社
やってみたいなヽ(´▽`)/

老後もソフト作って働いてる人いるし

会社勤めでバリバリ働きたく無いけれど
何かしら少し仕事続けていたいって
そういう人は少なくはないと思うし
メンバーくらい集まる予感ヽ(´▽`)/

今は何よりも先ず
早く転職を出来ないかなぁヽ(´▽`)/