読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふむ(´・_・`)

書類選考にまた落ちた。゚(゚⊃Д⊂゚)゚。
高卒エンジニアって
中途採用してる所がほとんど無い(ノД`)

もう応募出来るところが
尽きたヽ(´▽`)/へへっ

とりあえず
今日はやっと
初の面接1社目
でも普通は数社から仕事内容とか
雇用条件とか面接で聞いて
自分に1番合いそうな会社を
選べるのだろうけれど…

書類選考でほぼ完封負けしているから
面接に行けたけれど
もう不安しかない(´・_・`)

仕事とか職場が合ってて
1番全力でスキル発揮できそうなところに
行きたいのだけれど
その比較検討すら出来ない

今日のは客先派遣常駐業務だから
ホントは仕事を頑張ったらその分
自社に技術力が蓄積されて事業が
伸びていける様な働き方をして
会社へ還元出来る業務に着きたいけれど

派遣常駐だと
頑張る程
客先の技術担保や技能伝承は途切れるし
自社の技術に出来る訳じゃないし
ノウハウは派遣に蓄積されて
契約終了で蓄積した技術が途切れる

せっかくコストを掛けて人が育っても
会社に技術が残るのではなく
人と共に技術が去るのって

とても勿体ない様に思う

でも
俺も転職先見つからないし
技術に思うポリシーとは違うけれど

働き方を選べないから
選択肢も無い(´・_・`)

派遣常駐でも
顧客か自社のどちらかに
技術が残って活用されていく
そういう形でどうすれば良いのか考えて
自分なりのやり方を見つけて
働くしかないのかな(´・_・`)

出来れば
自分が働く会社や職場に
技術を残していける
そういう仕事をしていきたい

考え方が古いのかもしられないけれども
俺が会社側の人間だとしたなら

自社で
技術が人と共に途絶える様な
技能伝承出来ない様な
そういう業務のやり方では
人を育てたコストと時間が
すごく勿体ない様に思う(´・_・`)

ノウハウや経験は
積めば積む程に
新たな技術への足掛かりに繋がる

一朝一夕に
突然新しい技術を生み出せるものじゃない
それまでにコツコツ蓄積してきたノウハウ
次に活かすから
新しい技術が生まれる

だからノウハウをその場所で
技能伝承して代々残していかないと
ならないのだけれども

働く居場所が貰えない俺には
そういうのポリシーに働きたくても
なかなか選択肢がないな(´・_・`)

ノウハウは紙や電子媒体に残しても
ほとんど誰にも読まれないで
埋もれるものだし

世代と世代をオーバーラップさせて
一緒の仕事をさせて
技能伝承させていく方が
まだ少しは技能伝承していける

後からになってノウハウを残した資料を
一々読まないのが人間というもの

マニュアルは読まれないものだから
技能伝承はOJTでしか伝わらない

標準化なんて
OJTでもしない限り
世代が変わると直ぐに
失われていく

そういうの長年みてきたからなぁ…
勿体ないと思うんだよなぁ(´・_・`)